印鑑、ハンコ

 

印鑑の書体


篆書体(てんしょ)

秦の始皇帝の時代に作られた最も古い書体で漢字の基本。典雅、流麗にして重圧、風格のある印影をつくります。実印に限らずすべての印鑑に適しています。

 

一般的には中国最古の石刻である戦国期の「石鼓文」に用いられた書体が直接の起源と言われています。石鼓文の文字は西周の太史・籀(ちゅう)が定めた公式文字・籀文(ちゅうぶん)が戦国時代の秦で受け継がれたものと考えられていますが、その詳細には諸説あようです。

 

文字の形は天地が長い長方形の辞界に収まるように作られ、点画は水平・垂直の線を基本とし、円弧をなす字画はすみやかに水平線・垂直線と交差するように曲げられる。画の両端は丸められ、線はすべて同じ太さで引かれます。

このため上下左右の大きさのバランスが整っており、極めて理知的で謹厳な印象を与える文字に進化しているといえます。また、一方曲線を主体とするため有機的な趣きを併せ持ち、独特の雰囲気を持つ書体となっています。

後世の漢字のようにへんとつくり、かんむりとあしのように部首分けが容易なのも特徴である。

 


古印体(こいん)

日本の古来から印章に使われている書体で「隷書」を元に丸みを帯びた文字へと進化した書体です。篆書体が中国で出来た文字であるのに対して古印体は日本独自の書体と言われています。日本発祥の書体と言う事もあり親しみやすい印象を受け、個人印、法人印と種類を問わずすべての印鑑に適しています。
古印体のルーツは大和古印と呼ばれている奈良時代の寺社印で、日本で進化した独特の印章用の書体です。程よい虫喰い、墨だまりが風雅な趣を醸し出す奥深い書体です。どっしりとした文字バランスとスッキリとした筆書きの風合いが重なった書体です。

隷書体(れいしょ)

中国、秦の時代、篆書体は複雑で書きにくいために、篆書体を元に簡略化し、直線的にしたもので、端正でバランスがとれた読みやすく美しい書体です。一字一字が横長であるのが特徴で、独特のはねを持っています。読みやすくそれでいて品格の高い書体で、バランスがとれ読みやすい書体のため、個人印、法人印と種類を問わずすべての印鑑に適しています。

 

左右の払いで波打つような運筆(波磔)をもち、一字一字が横長であるのが主な特徴です。字体が篆書と異なり横長になったのは、記録媒体が柾目の木簡に変化したためで、柾目を横切る横画に大きな負担がかかるためです。木簡・竹簡・帛書に書く場合は少々右上がりの字体も見られるますが、石碑に彫る場合には字全体は水平になるよう彫り師が修正します。

 

篆書から隷書への変化は字形の違いが大きく、これを「隷変」と呼びます。隷書は主に直線と鉤状の折れ線によって成っている。ここに至って初めて筆画と筆勢が生まれた。それに従って、筆記のための省画や、「さんずい」や「にんべん」などの部首の変形が広く行われるようになり、筆記に適した文字に変化しました。

Valuable information

出生前診断に東京のクリニック5選【染色体検査等に対応】

Last update:2018/9/20