印鑑、ハンコ

 

印鑑の手入れ


基本の手入れ

ご印鑑の押印時に朱肉をつけすぎないことが、手入れで苦労しないコツです。手入れのときに苦労しないように、朱肉は、軽いタッチで、ポンポンと つけましょう。朱肉をつけるときにあまり力を入れすぎると、朱肉に含まれる余分な油が浮き出るばかりでなく、朱肉が印面の隙間に詰まってしまい、手入れをする時に取れなくなってしまいます。これが乾燥すると印鑑の品質劣化の大きな原因となり、手入れをしてもなかなかとれなくなってしますので、注意すること。



朱肉を印面に適量につけたら、押印する用紙の下に、捺印マットなど適度なクッションとなるものを敷き、押印する箇所に印鑑を真っすぐに立て、「の」の時を書くように、重心をバランス良く移動 していきましょう。そうすることで、ムラなく鮮明に印鑑を押すことができます。また、どれだけ印鑑の手入れをきちんとしていても、朱肉の品質によって、印影の美しさに違いがでることもあるので、朱肉は、なるべく品質の良いものを使うようにしましょう。


また印鑑を押したあと、そのままの状態で置いておくことは、手入れをするにあたって良いことではありません。印面に残った朱肉が乾燥し、固ってしまうからです。一度朱肉が固まってしまうと、手入れをしても落ちず、このことが印鑑の品質劣化の大きな原因となります。また朱肉には油分が含まれており、これが染み込むと、枠の部分などがもろくなり印鑑が、欠けやすくなる原因となってしまいます。手入れのときに苦労しないために、印鑑を押したあとは柔らかい布などで、こまめに印鑑の印面に付着した朱肉を、しっかりと拭き取る必要があります。その後は、乾燥を防ぐためケース等に入れて保管するようにします。

象牙など牙素材の物

手入れは特に難しさはありませんが、数が経っていて汚れがひどいもの、艶を失ったもの、小キズがたくさん入っているものには、ネルなどの柔らかい布に少量のコンパウンド(極細)や歯磨き粉を付けて磨くと驚くほど綺麗になります。ただし、印面には使用しないでください。水洗いもOKです。長期の使用で朱肉の色素が沈着しますが、これは磨いても取ることが出来ません。

黒水牛など水牛の角

乾燥にとてもデリケートなため、印鑑ケースから出した状態で長期間、放置すると乾燥してヒビが入ったり、虫食いによる被害がごくまれにありますので、使っ たあとは必ず、印鑑ケースに入れて大切に保管して下さい。また印面以外の部分に軽くオリーブオイルなどを塗布してお手入れいただくと、より長持ちします。

石や陶器でできた物

衝撃に弱いため落とした場合など印面が割れたり欠けたりしやすいので特に注意が必要です。汗には強く酸化による変色はあまり認められませんが、付着した汚れや汗は、ぬるま湯と柔らかいネルの布を使って落します。乾いたら、オリーブオイルを塗り、柔らかい布で余分な油分を拭き取って擦りツヤを保ちます。また、温度の高い場所に放置せず直射日光は避けてください。また、火には、弱いので注意が必要です。

recommend

サッカースクールを徹底比較!【幼児・小学生向け】評判の高い教室探し

2018/3/1 更新